FC2ブログ

line_125976570744349_convert_20190403094907.jpg
4月1日より2日間の日程で、春の四国へお参りに行ってまいりました。
この度は、初めて参加される方も数名いらっしゃり、総勢19名での旅となりました。

春とはいえ三次を出発する際は雪がちらほら…寒い!
四国・徳島も気温は低く、雨が降ったかと思えば、晴れ間がのぞいたり…
12番札所の焼山寺では雪が降ったりと、傘を出したり納めたりと、忙しい1日となりました。

昨年秋に、高野山へお参りさせていただきましたので、この春は1番札所霊山寺から
スタートとなりましたが、そのスタートの日に新元号『令和』の発表があり、気持ちも
新たに出発した次第です。

今回2日間で17番札所井戸寺までまわり、参加いただいた皆様と無事帰ることが
できました。

これから3年をかけて四国を1周いたします。
ご興味のある方は私どもと一緒に四国のお参りの旅をしませんか?
ご参加お待ちしております。
2019.04.03 Wed l 四国霊場 l コメント (0) トラックバック (0) l top
熱心にお参りされる参加者のみなさん
54番札所 延命寺にて
いよいよ寒くなってまいりましたが、君田交通では恒例の四国巡礼の旅を行い多くの方にご参加いただきました。
1班は11月28日~29日 14名の方にご参加いただきました。
2班は12月9日~10日 こちらは17名にご参加いただきました。
そして今回のコースは八十八ヶ寺で一番の難所といわれる、岩屋寺様を含む18ヶ寺を参拝いたしました。(高知~愛媛)
三次を出発後、前回の春のコースでまわれていなかった高知の三十番善楽寺様と三十一番竹林寺様に参拝し、
バスはいっきに四国山脈石槌山系へ入って行き、いよりよの岩屋寺様です。
本当に急な上り坂を15~20分上り続けてやっとのご本堂。それでもみなさん一生懸命上りきり参拝をされました。
5才のゆうくんも頑張ってのぼりました!
その日の宿泊は道後温泉でしたので、温泉にゆっくりつかり足をもみほぐし疲れをとりました。
2日目、1班さんは少し雨が降ったりもしましたが、行程にも大きな影響もなく無事全行程を消化され、無事三次へ
到着となりました。

参加者の皆さん本当にありがとうございました。
良い年をお迎えになり、来春また一緒に四国へまいりましょう。
2017.12.16 Sat l 四国霊場 l コメント (0) トラックバック (0) l top
元横綱朝青龍が高校時代足腰を鍛えた青龍寺階段
足摺岬にて
君田交通恒例の四国霊場巡りへ行ってまいりました。
この度は、1班(3/25-26)18名様、2班(4/5-6)19名様といった多くの皆様にご参加いただき、43番札所明石寺(愛媛県)から逆打ちで
32番札所禅師峰寺(高知県)まで12ヶ寺をお参りしました。
今回一番印象に残ったことは、長年お孫さんと一緒に参加されているおばあちゃまがいらっしゃいます。お孫さんが小学生の頃からお参りされていましたが、お孫さんが高校3年生となり1年後の受験に備え、今回のお参りが一端の区切りとして最後のお参りということでした。お孫さんが大きくなったことや、これまでの思い出などを話して頂きました。1年後合格という報告を楽しみにしています。
今回の旅はこころ温まる旅でした。
2017.04.18 Tue l 四国霊場 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2016お遍路1
12月に入り、朝晩めっきり寒くなってまいりました。
君田交通では恒例の四国霊場巡りの旅に行って参りました。
この度で38回目(平成12年から)となり、現在四国を7周目です!
11月30日から1泊で徳島県の18番恩山寺より高知県の29番
国分寺まで12ヶ寺をお参りさせていただきました。
今回9名の方にご参加いただきましたが、急な階段のお寺も
みなさん声を掛け合い、助け合いながら2日間の行程を終えることが
できました。
天候にも恵まれ、楽しい旅となりました。
2016.12.03 Sat l 四国霊場 l コメント (0) トラックバック (0) l top
みなさんこんにちは。一班さん4月1日から一泊二日で徳島県の一番札所霊山寺からのお参りです。桜満開ですばらしい天気に恵まれ、18名の参加でうち小学生3名の参加です。小学生は、お兄ちゃんと妹と、いとこの小学生の3名でおばあちゃんが、四国お参りをさせてあげたい、四国のお寺に一緒にお参りしたいという想いで連れて来られてるそうです。四国八十八ヶ寺で自分の孫と一緒の時間を過ごすってすばらしいですね。お孫さんは、おばあちゃんを気遣いおばあちゃんはお孫さんの面倒をみておられ、なんでもない光景かもしれませんが、お互いにすばらしい人間関係だなと感じました。
2010.05.07 Fri l 四国霊場 l コメント (1) トラックバック (0) l top